2009年02月09日

さようなら大切な写真。

デジカメや携帯で写真や動画を撮るのは大好きなのだが、撮った後整理したためしがない。
いつもカードがいっぱいになったらPCに移動して、そのまんま。

時々PCのHDがクラッシュすることを思い出し、ほかのPCにもコピーしたりしているので、複数のPCのいろんなフォルダに同じ写真が点在するようになってしまった。
似たような写真も多いので、何がなんだかよくわからない状態に。

これでは撮る意味がない!と思い直し、昨日PCの中の写真の整理をした。
ファイルの作成日からどこで撮った写真かを思い出し、日付ごとにフォルダを作って整理へ。
同じところで撮った写真が複数のフォルダにあった時は、重複しているものも多いので上書き移動で整理。

。。。っと、これが良くなかった!

同じ写真が複数のフォルダに存在していても、元は同じデジカメのカードからコピーされたものだから、ファイル名は一律だろうと思い込んでいたのだ。
一枚一枚上書きされる写真を確認してから実行すればよかったのだが、何せ枚数が数百枚くらいあったもので、つい面倒で「すべて上書き」ボタンをポチっと押してしまった。
こういうところがトホホな私なのだが、いつもやってしまってからでないと気づかない...。

「すべて上書き」でフォルダの整理を終えた後で各フォルダ内容を確認していたら、2年ほど前に両親を温泉に連れて行った時の写真だけやけに少ない...。
気づくと、「すべて上書き」前に存在していた、列車の中で撮った写真がすべて無くなっていた。

がああああん

びっくりしてももう遅い。
何が起こったかよくわからないのだが、「すべて上書き」のタイミングであったはずのものがなくなってしまったことは間違いない。
消えてしまった写真は箱根に着くまでに撮った十数枚程度でほかは残っていたのだが、列車の中での写真は両親がとてもいい顔をして写っていたので、無くなったのはかなりショックだ。

「そうだ、こんな時こそファイル復活ソフトだ!」

...と思い立っていろいろ調べたり試したりしてみたのだが。

知らなかった。
「上書き」してしまった場合は、元ファイルって復活できないのだね。
あくまで「削除」したファイルしか復活できない。
詳しいしくみは知らないが、普通HD上のファイルは「削除」すると(削除フラグが立つとかして?)ファイルシステム上からは見えなくなるが、データそのものはHDの中に残っている。それらはツールを使ってHDから完全に削除しない限り、いつでも復活可能だ。
だからHDを処分する時は十分注意しましょう、といろんなところに書いてある。

でも「上書き」の場合は通常のファイル削除とは違うのだね。
詳しいしくみは知らないが。
元ファイルはそのままHD上に残っているというわけではないようだ。
ファイル復活ソフトを使用してみると、操作したフォルダ名とファイル名はリストに出てくるのだが、「復活」としてもエラーとなって復活できなかった。あるいは特にエラーは出なくても、いざファイルを開くとデータが破損していて見られなかった。
結局いろいろ試したが復活できず。

「めんどうだからエイッ!」
とろくに確認もせずポチッと押してしまったがばかりに、もう二度と同じ時は帰らない日の両親の素敵な笑顔をフイに...。
ああ....。
悔やんでももう遅い。
そしてきっとまた、懲りずに同じことをやってしまいそうな気がする。

そんでもってきっとまた、DVDにも焼かずに放置してしまうんだろうなあー。

posted by チェブラー at 22:10| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

イケメン白石さん

なんと、

あの、『生協の白石さん』素顔公開!!

とのニュースを見て、クリックしないわけにはいかないですわ〜。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090122-00000065-yom-soci

shiraisisan.jpg

うーん意外!

勝手にもっと「お爺さんのように落ち着いた地味なおじさん」を想像しておりましたが。
やっぱり文章から顔を想像するって無理なのね。
こんな若くて爽やかな雰囲気の方が、あの真面目かつウィットに富んだお答えを書いていらっしゃるとは。。。

白石さん、
文章も容姿もなかなか素敵な方ですね☆


posted by チェブラー at 02:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

これほしい?



オバマ政権には期待している。

でも。。。

これ欲しい?

オバマ氏の写真がプリントされたマトリョーシカ。

どうせならレゴ就任式くらいかわいく作ってほしかったなー。



posted by チェブラー at 12:31| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

やっぱりねぇ

ともさかりえと河原雅彦が離婚。

続いて、

安達祐美と井戸田潤が離婚だそうで。

どちらも不仲説が出てかなりたってるカップルなので、特別驚きもないですね。
というより安達祐美は井戸田潤の浮気報道が出た時点から今まで、どんな心境で離婚を踏みとどまっていたのだろうか。
もちろん旦那が浮気したすべてのカップルが離婚しているわけではないんだけど。

このところ20歳そこそこで結婚する芸能人が増えているけど、やっぱりあまり若いうちに結婚してしまうと長く続けるのは難しいのかなーと思ってしまう。
離婚にはものすごいエネルギーが必要だというし、逆に若いうちじゃないと離婚できないのかもしれないけど。若いママになれるという利点もあるし...。羨ましい反面、「もうちょっと待ってから結婚しても遅くなかっただろうに」という気もする。
きっと「好き!」という情熱だけで突っ走ってしまった結果なのだろうね。
結婚には至らなかったけど、私にもそういう経験があるからなんとなくわかる。

そうなるとエリカ様も一人くらい産んだ後、離婚するかもね...。
いくら才能豊かな富豪クリエイターがお相手でも、年齢差22歳ですからね。
でもたくさん慰謝料もらって、若くて綺麗なママになって再出発ってのはいいかもしれない。
案外エリカ様って利口?
posted by チェブラー at 13:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

偶然

今チャンネル変えたら美輪明宏が視聴者に向けて言っていた。

「とにかく今年はな〜んにも心配ございません!
あのね、いい子が産まれる前はすごい難産なんですよ。難産は大変だけど、それを乗り越えたらとてもいい子が育つんです。
だから今年は“お気楽ご気楽”でのほほ〜んとしていればいいの♪(ニッコリ)」

なんか自分が励まされてるような気になりました。
ありがとう美輪さん♪
posted by チェブラー at 10:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新年早々

大晦日は請求書の山を見ていたら突然に絶望的な気分になり、最悪の鬱状態で一人過ごしてしまいました。
最悪の年越しでした。

そして立ち止まり考えるだけの一年だった去年が終わり、明けて今年は「幸運が押し寄せてくる」ほどの良い年になるとの占い内容に期待し、元旦からは早速姉家族+両親と共に大所帯で初詣やスパなどに繰り出しました。

しかし幸福の予感もつかの間。
2日夜に姉と二人ちょっと外出しようとした矢先、突然目の前で起こった「両親の夫婦喧嘩」(まともな精神状態でない父親側からの、まともな理由でない一方的な喧嘩)に巻き込まれ、その場にいた全員(血縁もそれ以外も)が巻き込まれてしまったのです。

私は母親を守るために一時避難しホテルに泊まり、姉夫婦が暴れる父親を力ずくで止めようとしている間、一晩中母親の話を聞き今後の行動について真剣に悩み考え、母親を守るため自分の人生をかけることを決心しました。
そして一晩かけて、臆病な母親に新しい人生を踏み出す決心をするよう、説得したのです。
それは私自身の今後の行動について、いろいろと諦めねばならないことも意味していました。
それでも母親を守ることを優先したいと思ったのです。

夜が明け新たな決心を胸に、迎えに来た姉と3人で父親のところに戻り、決別のための話し合いを始めるつもりでした。

しかし。。。

話し合いが始まってわずか数秒。
独断的で「まともじゃない」論理を振りかざす父親の強い否定口調に、一晩かけて説得したはずの母親の意見は易々と翻り、すぐに元の鞘に戻ってしまいました。
そして10分程で「話し合い」という名の口論は終了。
散々周囲を巻き込んで傷つけた父親はいつも通りにTVを見始め、母親は私に何の侘びもなくいつも通りの世間話を始めました。

私はそんな母親を呆然と見ていました。
昨晩、母親のため自分の人生を変える決心をしたのに。
「(まともじゃない)父親の元に戻れば、母親はいつか(まともじゃない理由で)衝動的に父親に殺される」
そう母親にも伝え、
「それでも元に戻るというなら、死ぬつもりで戻れ。そして好きで戻るのだから、今後SOSを出されても私たちは耳を貸さない」
と約束していました。

でも、母親にはそんなことは気休めの約束でしかなかったのです。
元より今の生活を捨てる勇気などなかった。
ただ暴力を振るう夫に耐える自分をアピールしたかった。
それだけなのです。

「DV(ドメスティック・バイオレンス=家庭内暴力)」という言葉が浸透してかなりになりますが、うちの父親もそのはしりだったのかもしれません。
私が幼い頃、よく父親に殴られて泣いていた母親の姿が記憶に残っています。
しかし父親は年をとって一見丸くなったように見えていたため、私たち子供の目の前で母親が殴られるというシーンはあまり見なくなっており、私は言葉の暴力はあっても身体的暴力は無くなったのだと思っていました。
そのうちに子供たちは全員家を出てしまい、両親の日常生活を直接見る機会も減ってしまいました。
私自身にはDVの経験はないため、DVの関係性を理解できていなかったところがあります。

今回、両親の事件に周囲が皆巻き込まれました。
姉夫婦は肉体的にも精神的にも好意を無にされ、傷つけられました。
唯一の独身である私は、母と共に生きる決心をし、あっさりと裏切られました。
私と姉は買出しのため外出し、虚しい気持ちを抱えながら茫然自失の状態でした。
とても疲れていました。

私は二晩ほぼ眠れなかったため、今日は帰宅して仮眠することになりました。
家に帰り寝ようとした矢先、急に涙が大量に噴出し、止まらなくなりました。

そのまま一時間ほど、ひたすら涙が出続けました。


真剣に夫婦の問題について悩み考えた、私と姉が馬鹿で単純でお人よしの糞野郎なのかもしれません。
DVは行う側の論理もおかしいけど、受ける側もおかしいのかもしれません。
あるいは私の母親は単なるドMなのか?
あるいは単に生活水準を落としてまで、今の生活を変える勇気がない超臆病者なのか。
私にはもうわかりません。
もうどうでもいい気がします。
「勝手にしやがれ」
と言いたい。
産んでくれた人ですが。
育ててくれた人ですが。
感謝はしていますが。

姉の旦那は、「それでもお前の両親なのだから、大切にしろ」と姉に言ったそうです。
と同時に、「俺のではなくお前らの両親なのだから、お前らで何とかしろ」とも言いました。
何とか...できるのでしょうか...。
こういう状況はきっと、そんなに珍しいものではないと思います。
経験者の方、「私はこうして切り抜けた」というようなものがありましたら、ぜひご一報ください。


posted by チェブラー at 06:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

やらせの時代

マクドナルドが新製品発売日に、イベント会社を使ってサクラの購入者千人を行列に並ばせたとのこと。

そこまでしてアピールしなければ売れないのか。
いよいよ不況も本物だ。

でも、こんなニュースは珍しくもなんともない。
今年は特に多かった「食品表示偽装問題」。
嘘の産地、嘘の成分、嘘のカロリー。
老舗のメーカーだろうがなんだろうが、同じこと。
もはや「あそこの商品だから安心」とか「高いから安心」だなんて何も言えない。
完全に無農薬で自給自足の生活を送っている人以外、完全に安全な食生活を送るなんて不可能に違いない。
知らず知らずのうちに、皆何かしら身体に悪いものを食べさせられているのだ。

食べ物だけでもない。
前々からだけれど、TV番組で本当のことを言っている方がもはや少ないのかもしれない。
どこまでが真実だなんてもうわからないのだから、「作りもの」として番組を楽しんだ方がいい。

誰かの苦労話を番組で見たら、泣きの演技のうまさを感心すればいい。
クイズ番組で全問正解した人を見たら、スタッフの下調べの苦労を感心すればいい。
バラエティ番組でボケるおバカタレントを見たら、構成作家の頭の良さとタレントの記憶力の良さを感心すればいい。
もちろん罰ゲームで激辛ラーメンを食べている芸人を見たら、リアクション芸のすごさを感心すればいいのだ。
嘘ばかりの世界でも、楽しむ方法は残されている。

政治家の討論番組はまさに裏読みの宝庫。
誰が誰によって何を言わされているか、何を口止めされているか。
番組が終わった後で全員で談笑しているシーンでも想像しながら、激しい討論を見てみよう。

ああなんて寂しい時代。
でも残念ながら、そんな時代を生きている。
皆さん素直に何でも信じてはいけませんよ。

posted by チェブラー at 14:47| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

Chromeの使い心地

最近あまりPC関係の新しい情報を入手していなかったけど、Googleが作ったChromeというブラウザがあることを知ったので使ってみた。

これ、私にはけっこう使い心地がいいみたいだ。

今まで様々なブラウザを使ってみて、このところはずっとFirefoxに落ち着いていたけど、ブラウザに求める機能はだいたい決まっている。

・複数ページを効率よく使いたい(いまやタブ形式は必須)
・キャッシュや設定項目の保存・消去を簡単にやりたい
・お気に入りの保存・表示を簡単にしたい
・検索機能の使い勝手を良くしたい
・表示面をできる限り広く使いたい
・その他カスタマイズやアドオンが豊富にあること

思いつくのはこんなところ。

ツールバーも一本でいろいろとカスタマイズできるならばいいのだが、各社出していて勝手にインストールしたりするツールバーは、気づくと2行も3行も勝手にツールバー行を増やしてしまって邪魔だ。
IEなんかはツールオプションメニューでツールバーを非表示にしても、再起動でまた勝手にツールバーを表示したり(レジストリに持ってるのかな?)イラつく。
その点Firefoxはツールバーの自由度も高いし、アドオンを増やすとどんどん使い心地が変わっていっておもしろい。
私にはアドオンを作る能力はないけど、様々なものを使わせてもらっている。

でも表示面積についてだけ言えば、さすがのFirefoxもChromeにはかなわないようだ。
Chromeの使い勝手の良いところは、なんといってもアドレスバーと検索バーが共通で使えるところ。普段URLを表示する部分に直接キーワードを入力すれば、そのままGoogleで検索してくれる。
検索窓を別に一つ作らなくてもいいのは便利だ。

それとブックマークバー。
普段ブックマークバーは表示していないが、新規タブを開くとアドレスバーの下にブックマークバーが表示されていて、フォルダが横に並んでいる。
手動でフォルダの表示順を変えて、よく使うブックマークフォルダを表示させるようにしておけば、あとはそのフォルダをクリックするだけでブックマークの一覧がプルダウン表示されて選択しやすい。
Firefoxだとブックマークバーはサイドバーとして左脇に表示されるが、これだと横の表示面積が狭くなってしまうので私はあまり使っていない。(ブックマークを表示する時は「ブックマーク」メニューから表示している)

しかしFirefoxの豊富なアドオンでカスタマイズできる強みは捨てがたい。
とりあえず普段ニュースを見たりメールを読んだりする分にはChromeの方が広く表示できるので便利だが、それ以外の時はFirefoxを使うという感じだろうか...。
SafariやらSleipnirやらLunascapeやら、その他のブラウザももっといろいろ試してみなければダメだなぁ。
もしかしたらもっと使い心地のいいものがあるかもしれないし。

posted by チェブラー at 23:20| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

キャラグッズの誘惑

ついこの間「マグカップ収集地獄」について書いたばかりなのに...

今日ケンタッキーフライドチキンの前を通ったらこんなものが。

snoopy.JPG

かわいい〜〜〜〜〜。

ほ、ほしい。

でも、無理。
もうこれ以上増やせない。

よかった貧乏で...。
posted by チェブラー at 23:13| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

マグカップ地獄。

全体的にモノを減らすべく必死で努力している(なかなか進まないけど)超長期計画遂行中なので、今はできるだけモノを買わないようにしている。
しかしなぜああもカワイイものを見るとほしくなってしまうのか...。

特にマグカップ。
完全一人暮らしでお客も来ないのに、「カワイイ!」と思って手に取っただけで買ってしまったカップのなんと多いことか。
この間はローソンで「りらっくまマグカップ」に続き、「りらっくまボウル」(カフェオレボウルらしき持ち手のないカップ)まで入手してしまった。
愛するチェブラーシカグッズでもマグカップはすでに3個は持っている。
もちろん、箱から出してさえいない。

普段使ってるカップは「汚れてもいいように」300円でチョコレートとセットになって売ってたキットカットの赤いカップ。
ついでに買ったどうでもいいやつなので、どんなに汚れたっていい。
でも茶シブはハイターで綺麗に落ちるし、外側もそうそう汚れるもんじゃない。
大人の一人暮らしだから、そうそう割ったり欠けたりもしない。
かくして何年もキットカットの赤いカップを使い続けているのだった。

もちろんたまには他のも使おうと思うので、赤いカップのほかにも2個ほど主力メンバーのカップはある。
でもそれもやっぱり「ある日割れてもそんなに後悔しないカップ」だ。
好きで集めたり貰ったりしたムーミンのカップはやっぱり箱の中のまま。

いったい私は本当はいくつマグカップを持っているのだろう?
数えたこともないし、数えるのも怖い。
使うのに必要なのは、常にひとつだ。
でも今だってめちゃめちゃカワイイカップを見たら、私は衝動を抑えられるのだろうか...。
できるだけリサ&ガスパールとかミッフィーとかのグッズ売り場を通ってはならない。
魔の収集癖を阻止するのだ。
マグカップで部屋が埋まってしまう前に。
posted by チェブラー at 00:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。