2008年03月01日

キャー

ラ、ライフオブブライアンDVDが発売される〜!


あ〜生きててよかったあ〜。


少しずついろんな願いが叶っていく…。


まさかのポリス復活…

まさかの空飛ぶモンティ日本語復活…

まさかのブライアン発売…


何でも最後まであきらめてはいけないのね。


そういえばXも復活だ。
posted by チェブラー at 13:44| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

夢うつつ

TS3H0009.jpg未だ夢は醒めやらず…


(*^O^*)



月の上を歩くワタシ。


ありがとう…


あ〜ハワイ行きてぇ〜!
posted by チェブラー at 12:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

大玉砕!

posted by チェブラー at 10:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

やっぱり嘘なんだぁ

「スピリチュアル・カウンセラー」江原啓之氏の霊視間違いが週刊文春で指摘されているそう。

なんでも宝塚出身の檀れいという女優さんがオーラの泉に出演した時に、「亡くなったお父さんは宝塚音楽学校受験の時にも見守っていた」と言われたらしい。(私は番組見てないけど)

ところが文春によると、檀れいには父親が二人いて、亡くなっているのは母親の再婚相手である二人目の父親だそうで、宝塚受験の際にはまだ知り合っていなかったそうだ。
宝塚受験の時に父親だったのは実の父親の方で、こちらは現在もご存命とのこと。

この文春の取材に対して、江原氏は取材拒否の姿勢らしい。


まぁ前々から「ホントかいな〜?」とは思っていたのだけれど。
でもオーラの泉で部屋の間取りまでスラスラ話す様子を見ていると、「まさかとは思うけど、ホントに?!」なんて思ってしまいそうになったりもしていた。
番組自体は私は十回ほど見て飽きてしまったので最近は見ていなかったけど、やっぱりこうはっきり嘘っぽい話が記事になると気になってしまう。

この世にいる霊的なものを見られる人のすべてがインチキだとも思わないけどね。


それより以前∞にジャンクションが出て、原田が話した内容の方が気にかかっている。

原田の知り合い(バイト先だったかな)に東大出身の天才肌の人がいて、その人が言うには「すべての霊的なものは実は残留思念の電気信号である」ということ。
人間の思念は電気信号に置き換えられ、ある場所で強い念(恨みでも何でも)を持つとその電気がその地に吸収されて残り、後でその場を訪れた人の中で信号を拾いやすい体質の人に影響を生むとのこと。
だから「霊を見た」というのも実際は霊そのものが見えたわけではなく、残留思念である電気信号を拾った人が「霊を見た」と思っただけだというのだ。

なんだかもっともらしい説なので、それはありえるなぁと思う私。

その説が本当だとすれば、江原氏の霊視は丸々嘘になるだろう。
一方アメリカのスピリチュアル・カウンセラーなどが犯罪協力の際に行っている霊視は、本当かもしれない。対象が生きていようと死んでいようと、残留思念を感じているのであれば可能だろうから。

さて、いったい何が本当なのか。

まぁ私にはどれがホントでも嘘でもいいんだけどね。
posted by チェブラー at 18:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

真っ暗...

posted by チェブラー at 14:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

火事

TS370245.JPG最寄り駅そばのビルで、一階のパチンコ屋さんの前に人だかりが…。

そばには消防車が停まっています。

裏へまわると後ろのビルには焼肉屋さんが入っているのですが、ビル前の道に黄色いテープが張られ、消防署の車らしく、赤い乗用車が停まっています。

出火元が営業中のパチンコ屋か休業中の焼肉屋なのかはわからないけど…。

年末年始はやっぱり事故・事件が起こりやすい気がします…
posted by チェブラー at 22:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

福袋

今日の街は福袋を持った人々で溢れていた。

中でもすごかった人は、伊勢丹柄の袋を3つ+ブランド名の袋を5つくらい肩にかけていた。

福袋天国、ニッポン。

ふくぶくろ。

この響きにはなんだか素通りできない響きはある。

よくわかんないけど、得をしそうな響きが。

でも福袋って、基本何が入ってるかわからないよね?
最近中身がわかるものもあるけど。

最近はもう福袋を買う勇気があまりなくなってしまったな。

それより欲しいアイテムだけをピンポイントで買えればいいや。
posted by チェブラー at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

ジュニア2位かぁ〜

今年はいよいよ結婚かな。

紀香と陣内の次だ。

若干さみしい私。

でもでも、お幸せに!
posted by チェブラー at 09:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

wii fit

今日初めてやってみました!
そして…

30分やってかなり汗だくになりました…(ノ_<。)

普段の運動不足がはっきり出ます。\xF5\xAD

しかし何事も継続するのが苦手な私には、ジムに入会するよりは幾分マシかも。

だってやりたい時にやればいいんだしね。
(なんつってるとこのままずっとやんなかったりする可能性も高いけど…(≧Д≦)ゞ)

しかし、ヤバイです。

wii fitでの初期身体年齢なんと52才!

ヤバイです。

といっても以前から体脂肪計では身体年齢67才をマークしていたんだけどね\xF5\xAC


とにかく身体がガッタガタのブーヨブヨ。

いやブヨブヨは前からだけど。


wii fit、私の救世主になってくれるかしら…。
posted by チェブラー at 18:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

賑やかな年末

うちはひっそりと何もなく静かなもんですが…


世間は年末の結婚離婚ラッシュ!

これってどっちにしても「スッキリ新しい年を迎えたい」って心理かな?


ここ2〜3日で、

○オダジョー結婚!
○松たか子結婚!
○麻生久美子結婚!

…のビックリ三連発w(☆o◎)w!


加えて今日は、

●新庄離婚!
●ショーン・ペン離婚!

…の大物二連発でした。


いや〜慌ただしい。
まさに「行く年来る年」ですねぇ。
人生の門出に船出するカップルもいれば終えるカップルも。
世間さまは賑やかでございます。


来年こそは私にも何か起こりますよーに…。

ちなみに私の今年の重大ニュースといえば、

・得体のしれないヘンな病気にかかって回復までに4ヶ月もかかる
・治療のため引っ越しを余儀なくされ、急に大金を失う
・引っ越ししてすぐに大きな窓ガラスがなにものかに割られる
・心機一転出直し中だけど前途多難

…ってな感じで考えてみるといいこと特になし(ノT-T)ノ
おかしいな〜

今年の占いにはいいことばっか書いてあったのに!

もしかして私誕生日違うんじゃないの??


とりあえず何もかも一から出直しの新年。

来年こそは私にも何かいい出来事が訪れますように。


みなさまもよいお年を。


そして...
posted by チェブラー at 13:25| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

社保庁解体しろ!!!

前々から怒り心頭であったが、今朝のニュースを見て呆れた...。

「社会保険庁は7日同庁職員による年金保険料などの着服・横領の総額を約1億6850万円と発表」

調査後発覚した主な着服・横領理由とは、

・借金返済
・家電購入
・生活費充当

などなど。
中には他人の出産証明書を取り寄せ(どうやって?)、偽造して出産手当を受け取ったケースもあるそうだ。
着服・横領だけでも立派な犯罪だけど、さらに公的書類の偽造となるともう完全な犯罪ではないですか。
なのに刑事告発されたものは一部で、多くは「内部処理」され警察への報告もなく処理されたようだ。
「内部処理」の場合は普通に退職金も払われたらしい。

もう何も言えん!!

公務員というだけで元々給与や年金制度上優遇されているはず。
さらに入力記録に氏名や性別さえもない不明金が大量発覚。
その上公金横領。

要するに、仕事何にもしてない....。

たちの悪い犯罪者以外の何ものでもないです。

もう今すぐにでも解体してくれ。
それしかもうない。
もう年金制度に公務員いらないです。
posted by チェブラー at 06:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

スカイパーフェクTVカスタマーサポートセンターの最低の態度

本日散々WEBで問い合わせてもなしのつぶてだった件で、「スカイパーフェクTVカスタマーサポートセンターのマツウラと名乗る男性(中年男性と思われる)から電話連絡があった。

しかし....

サポセンの人間として、電話での態度自体が最低であった。

<ポイント>
●初めから上から目線の態度である
→ 顧客の問い合わせに対しては、たとえ客の問い合わせ内容が無茶なものだったとしても、かたちだけでも低姿勢な態度を取るのがサポセンというものでは?

●怒る客の話を途中で遮って「ですから」と言うこと十数回
→ 怒る客の話はどんなに話の内容がおかしくても、我慢して最後まで一旦言わせるのがサポセンというものでは?(話を途中で遮るのは怒りを増長させるだけだと思う)

●言葉遣いはかたちだけでも丁寧だが、要するに「うちは知らない」ということを繰り返している
→ たとえ荒唐無稽な問い合わせ内容だったとしても、できる限りのことはしたがだめだったという態度を見せるのがサポセンというものでは?

●調べもしないで「できない」と言う
→ 「記録が御社に残っているはずだ。記録があるか調べてくれ。そして書面で連絡をくれ」と頼むと、「調べることはできるが、書面は出せない」と即答。記録そのもののコピーをくれと言っているのではなく、「こういう記録はありました」という報告をメールなどの書面でくれと頼んだら、検討もせずに「できない」と言う。(通常の問い合わせはWEBでも受付、連絡用にメールも使っているのに。)


今回電話してきたマツウラという男性だけでなく、全体的にスカイパーフェクTVのサポートセンターの対応は杓子定規で、臨機応変な対応が一切できないことがわかった。
つまりは、

○問い合わせの際にICカード番号か顧客番号がわからない限り、どんな問い合わせ内容であろうが一切問い合わせることは不可能

であり、

○WEBで問い合わせを行うことは可能だが、実質対応は電話によるサポートセンターへの連絡でしか対応できない(と返答される)。
サポセンの営業時間は決まっており、その時間帯に電話する時間のない人間には問い合わせることはできない。
(電話でのサポートセンターは一度繋がってからオペレータと直接話ができるまで10分以上待たされる)

そして、

○上のルールに乗っ取っていない問い合わせはどのようなものでも結局は無視され、サポセンとしてできる限りの対応をしてもらえるようなことはない。

ことがわかった。

結局今回サポセンに問い合わせた内容は、泣き寝入りするしかないようだ。
デジタル放送は受信できなくなったまま...。

元は私のオペミスによるものであることはわかっているが、それにしても何一つできるだけのことはしてもらえず、門前払いをくらって追い返されたという印象しか残らない。
これで年間7万円強の受信料を払っているのかと思うと、、、、。

スカパーのコンテンツの内容はとても気に入っていたので、非常に残念だ。
サポセンの態度としては許しがたいものがあるので、今後他の顧客への対応を改めてほしいという気持ちもあり、提訴することを考えている。

(マツウラという人にまず内容証明を送る旨伝えると、

「私だって法律には詳しいですから内容証明の意味くらい知ってますよ。(バカにしたような態度)
でも内容証明を送ってどうするんですか。」

と言われた。これぞ火に油を注ぐような「余計なひとこと」というものでは?)

こんなサポセンの態度を改めてほしいので、勝ち負けにはこだわらず訴訟というものをおこしてみようと思う。
少なくとも顧客をバカにしたような対応を改善してほしいから。

私が今回問い合わせた件は泣き寝入りだけど、
スカパーのコンテンツは気に入っていたけど、
年間7万円も払ってこんな態度を取られて嫌な思いをするくらいなら、(実は6年前にも似た対応をされており、今回は2度目だ)
残念だけどスカパーは解約しよう。

さよならスカパー。今まで面白い番組をありがとう。
今後はほかの楽しみを見つけます。

posted by チェブラー at 12:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

【予告】スカイパーフェクTV!カスタマーセンターの誠意なき対応

先日からスカイパーフェクTV!カスタマーセンターでひどいめにあっています...。

今現在、提訴を考えています。

普通に受信料を払っているのに、契約チャンネルを受信できなくされるなんて...。

今朝で二度目です。

カスタマーコールセンターはまだ営業時間外なので(どっちにしても日中は仕事をしているので電話できませんが)、問い合わせフォームにて送っておきました。(それでどうにかしてもらえたことはまだありませんが...)

これでまた返答が「平日10時から8時にコールセンターにお電話ください」だったら、即刻受信料を返してほしいです...。

もしそのような返答が来た場合は、後日ここに詳細をupします...。

(;;)...

年間数万円も受信料払っているのに...

ひどい...

ひどいよ!スカパー!

posted by チェブラー at 05:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

医療って何?

今週、いよいよ腰痛が悪化して歩くのが辛くなりました。
トイレに行くのがやっとの状態を3日続け、今日は通勤途中で痛みで断念。
その足で何とか病院に行ったら、普段行っている病院は今日整形外科がお休みの日でした...。
(大病院ではないので、整形外科は週2日しか診療がないのです)

仕方がないので一旦家に帰ってから、もっとも自宅に近い整形外科を探しました。

残念ながら大きな総合病院は他にないので、検索して出てくるものはすべて「クリニック」。
でも以前婦人科系の検査で三鷹の杏林大学病院へ行き散々な目に合い、肉体的にも精神的にも苦痛を受けたダメージを、吉祥寺クリニックという小さな婦人科クリニックで救われた経験がある私は、小さなクリニックの方がケアが良いと思っていました。

もっとも家から近いクリニックは「安岡整形外科脳外科クリニック」といいました。
個人でやっている割には綺麗な建物で、自宅兼用なのかはわかりませんが3階立ての建物のうちクリニックは2階部分だけのようでした。
待合室には整理券の番号に対応する呼び出し電光盤もあり、狭い割には綺麗でしかもとても混雑していました。
外国人の患者さんもいました。

混んでる病院はいい病院なのかもしれないと期待して、初診なので順番を飛ばされてもじっと自分の番号の順番が来るのを待っていました。

やっと自分の番が来て診療室に入ると、恐らく一人だけであろう医師=院長がせかせかとカルテを書きはじめました。
腰痛の他に最近足の指の付け根も痛かったので両方見てくれるように事前に問診表に書いていたのですが、診療室に入るなり「腰が痛いの?いつから?」としか聞いてくれません。
仕方がないのでポツポツ自分から「足も痛いんですけど」と話し始めると、「じゃ、見せて」と。
黙って靴下を脱ぐと、痛いと主張している箇所とは全然違う場所を何箇所か押し、「ここ痛い?ここは?じゃここは?」と早口で言います。
押された場所はどこも最初から痛い場所ではないので「痛くないです。痛いのは足の指の付け根です」と言うと、「じゃたいしたことないね」と言い、結局痛いと言っている箇所はちゃんと押してくれませんでした。

この時点ですでに「全然患者の話を聞いてくれない医者だな」と感じていたのですが、一人で混雑する患者をさばくのだから多少急いでも仕方ないか、と我慢しました。

しかし次に長年患っていて最近悪化している腰痛について相談しようとすると、ほとんど具体的な症状を聞かないまま、「じゃ、立って」と言い、紋切り型に「前屈」「後屈」の姿勢を取らされ、痛いかどうか聞かれました。
問診表にはちゃんと「歩く時に痛い」だの「長時間座っていて動いた時に痛い」等の具体的な症状を書いていたのですが、前屈・後屈に「痛くないです」と答えるとまた、「別にたいしたことないけどねぇ?」と言いました。

半ば呆れて呆然としていると、次に早口で診察台に横になるように言ったのですが、整形外科で必ずやる「片足上げ」「膝曲げ」等が痛いかどうか確認し、痛くないことがわかると最後に開脚で「足の付け根が痛いです」と伝えたにも関わらず、さっさと診察を終えてレントゲンを撮るように指示しました。


整形外科ではレントゲンは必須のようなものだから、撮ることは承知の上です。(その割には問診表に前にレントゲンを撮った病院名まで書かされた...何の意味があったの??)
しかし撮影後しばらく待たされてから診療室に戻った途端、写真を見て先ほどの触診とは全く違う第一声、「これは分離症だけじゃなくてすべり症がかなり進行してるね〜。大変だよ〜!」と言いました。

大変だ、と言った切り何も言わないので、「このままでは歩けなくなるということですか?」とこちらから聞くと、「最悪の場合このままいくと手術になるけど、手術大変だよ〜!」とまたも大変だと言うだけで具体的なことは何も言いません。
そしていろんな腰痛の症状が図になっている紙の私の症状の部分に丸を付け、「あとはこれ見て」と渡しました。
(といってもほとんど図しか書いてないので見ても素人にはわからないのですが...)

しかも足の指のレントゲンも撮ったのに何も言わないので、「足はやっぱり何ともないんでしょうか?」と聞くと、レントゲンも見せずに「何ともないねー」とひとこと。
しかし一ヶ月以上も痛みが続いているので、「ではほっとけば痛みが治るのでしょうか?」と聞くと、症状も説明せずに「うーん、どんな靴履いて会社行ってる?家ではどんなの履いてる?靴の中敷入れてみる?」とのこと。
「というと、靴が悪いということでしょうか?」と聞くと、「うーん、土踏まずがちゃんとあるものを履いた方がいいんだよねー」とよくわからないような返答。
とりあえず「次来る時に会社に履いて行く靴を履いてきて」と言われました。
恐らく中敷を入れるんだと思いますが...。
結局足の指の付け根の痛みの原因はわからないままでした。


腰痛の方は「MRIを受けた方がいいと思う」と言われたので、より詳細に調べないと傷みの根本がわからないということだろうと解釈し、一旦薦められた新宿の検査所に行くように予約を取りました。
もちろん小さなクリニックなので、高価なMRIの機械は別な場所に行かねばならないのはわかります。
しかし、去り際に医師の言った一言で、ますます疑惑が深まりました。

医師=院長はMRI検査を受ける手はずをした直後に、私が去ろうとした瞬間に「コルセット今作る?」と聞いたのです。
腰痛=コルセットは一対になっているので、もちろん私も作らねばならないとは思っていましたが、MRIを受けろと言った矢先になぜ即コルセットを作るかどうか聞くのでしょう...。
返答がどう来るかを承知で「コルセットを作ると良くなるのでしょうか?」と聞くと、「良くはならないけど、進行を遅らせることはできるよ」とのこと。
どうにも不信感が高まっていたため、その場は「MRIの結果を聞いてからにします」と言って帰りました。


腰のレントゲンを見る限り、以前より腰骨のずれがひどくなっているのは事実のようでした。
「こんなにずれてるよ!これは大変だよ!!」とも言われたので、如何に危険な状況かは私にもわかりました。

だから少なくとも、このクリニックの医師は嘘をついているわけではないのです。

混雑していた患者も地元の中高年が多く、常連患者には皆態度も良く優しかったので、恐らく地域に密着したクリニックなのだと思います。

しかし....。

やはり私は、行く病院を間違えたのかもしれません。

きっと優秀なお医者さんなのだと思うのですが、やっぱり患者の話をあまり聞かないで全部自己完結で済ませてしまう医師というのは、どうなのでしょうか。

なんだか家に帰ってから、次また行くのが嫌になってきました。


状況が非常にまずいのは間違いないので、MRI検査はもちろん行きますが。
検査結果の画像を持って他の病院へ行くべきかどうか、悩んでしまいます...。

たぶんいきなり紹介状もなしでMRIのでかい画像持って他の病院を訪ねても、診てもらえないと思うのです。
病院って結構横のつながりというか、しがらみもありますから。
(私がMRI撮影のために新宿に行かねばならないのも、そのしがらみのせいでしょうし)

どっちにしても治療方法は変わらないかもしれませんが、ほんとに悩んでしまいます...。


でも世の医師に私は言いたいです。
今や医療にはメンタルケアも必須なのだと。
患者の話を聞くことも大事なのだと。
それが信頼感に繋がるんじゃないでしょうか。
だって患者は皆不安なんですから。


あー!いい病院にめぐり合いたいよーーー!!!


posted by チェブラー at 22:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

買いかな?

思ったよりも値段高いけど...。
3000円くらいにしてほしかったなぁ。


サンコー、パソコンでFMラジオの予約録音もできる「USB AM/FM RADIO」
http://thanko.jp/usbamfmradio/


でもうちラジオないんで。
PCで録音できるなら、それにこしたことはないや。

あーでもPCの電源入れとかないと予約録音できないのね...。
ちょっとそれは嫌だけど。

少し考えようっと。
posted by チェブラー at 00:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

心配!!

松尾さんもそろそろ無理が利かない年齢。
あまり運動してなさそうだし(人のこと言えないけど)、
気をつけて頑張ってほしい...。

■劇団大人計画の松尾スズキさん、「ドブの輝き」降板(読売新聞 - 05月01日 19:03)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070501ih21.htm

後任が池田成志さんと聞いてちょっとドキドキ...。

池田さんなら、同じ役でも松尾さんと全く違った演技になるだろうな。
ちょっと見てみたくなってきた。

でも松尾さんは早く良くなってね。
posted by チェブラー at 00:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

ピーターパン?!

今年のGWは結局孤独に舞台&お笑いをひたすら観に行き続ける日々になってしまった私ですが、一昨日夜から唯一のイベント(?)「友達と前から泊まってみたかったホテルに泊まる」を決行してきました。

そのホテルとは、神楽坂にある「アグネスホテルアンドアパートメンツ」です。

神楽坂通りのすぐそばにある5階立てのこじんまりとしたホテルなんですが、写真から受ける雰囲気が好きで、何年も前から友達と「ここに行ってみたいねぇ」と言っていたところでした。

でも自分たちのスケジュールやホテルの空きが合わず、なかなか実現しないまま今まで来てしまいました。


今回思い切って行ったのは、「エステ付きプラン」です。
普段勧誘が嫌いなのでエステには一切行かない私ですが、ホテルのエステは若干高い分勧誘がないので、最近たまにやるようになりました。
今回はもともとプランの中に組み込まれているものを選びました。

友達の仕事の都合でチェックインは夜遅くなってしまったのですが、お部屋に入るとまるでパリのアパルトマン(爆)のような作りで...。
テンション上がって友達とキャッキャ言いながら写真を撮りまくってしまいました(^0^)♪
妙齢のオバさんが二人でキャッキャと写真撮影...トホホ...。

女性向けにケアされているので、お部屋にはハーブティーやらアロマ系アメニティやら、オットマン付きの大きなシングルソファやらが用意されてます。
はぁ〜。どれも快適。

お風呂には強力なジャグジーが付いてるし、シャワーブースもあります。
お部屋のような作りのお風呂場も楽しく、思わず「こんな部屋に住みたいねぇ〜」と連発してしまいました。


翌朝のエステは「アパートメント棟」で受けるとのことで、エステサロンのスタッフが部屋まで迎えに来てくれました。
なぜかというと、「アパートメント棟」に行くまでに裏口のようなドアを開けなければならないため、行き方がよくわからないからです。

「アパートメント棟ってナニ?!」
と思ったのですが「長期滞在型の部屋がある棟」なんだそうで、ドアが並ぶ細い廊下を通ってサロンに向かったのですが、ドア横には新聞が挟まっていました。
要するにホテルのホスピタリティが付いたアパート(マンションと言った方が近いような造り)なんですねぇ。

いいな〜。

人によっては一年も住んでる人がいるそうで、滞在費がいったいいくらになるのかとか考えると、虚しくなるのでやめました。


エステは建物の一番奥にあるので、静かで暖かくてとても気持ちがいいです。
予約は同時に2人までしか受けられないようで、その時間のお客は私たちだけ。スタッフも施術を行う2名のほかには1名しか見当たらず、常時静かでとても丁寧でした。

事前に「カウンセリング」と称する話し合いがあるのはどこのエステも同じですが、身体の不調についていろいろ話している時にふと年齢の話をしたとたん、スタッフの女の人が「えええっ!」とものすごいリアクションで椅子からずり落ちました。

ずいぶんとオーバーリアクションな人だなぁーと思いつつ施術が始まったのですが、背中のマッサージを行ってる時にその人が言いました。
「ほんとに、ピーターパンみたいですねぇ〜」

?????

ナニ?!「ピーターパン」て?
元太り&中年太りのオバハンに???


終わって部屋に戻った後、別な部屋でエステを受けていた友達にその話をすると、笑いながら言いました。
「本人は褒めたつもりなんだろうけど、褒め言葉になってないね(笑)! 大人になるのを拒否するピーターパン症候群ってことじゃない?」

た、確かに....(@0@;

否定できない。
当たってます。

それでも言えばよかった。
「誰が大人になれないピーターパンやねん!」
と。
(ごめんシロウトが大阪弁使って...)
お笑いファンならそこでツッコむべきであった。


でも全般的にとても感じがよく、気持ちのいいホテル&エステでした。
とても気に入りました。
また行きたいな♪
(お金貯めようっと...)

posted by チェブラー at 17:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

逆効果??

職場では、何人かの人たちが徒歩通勤している。

正確に言うと「通勤」ではなくて、帰宅時何駅分かを電車に乗らずに歩いて帰っている人たちが。

もちろん、ダイエット(or健康)のため。

実際それで大幅に痩せた同僚もいる。

このところ腰痛の悪化が著しく、日に日に歩くのが辛くなってきた私に、大幅に痩せた同僚が「歩け」と言った。

しかし長年の運動不足の定着と、歩く時に場合によっては激痛を伴う腰痛持ちでは...なかなか決心がつかなかった。

でも先日新しく入ってきた新人の女性も、毎日有楽町まで歩いて帰っているとのこと。
彼女も昔腰痛持ちで、7kg痩せたら痛みが治まったとのこと。
。。。身近に臨床例があると、つい食いついてしまう...。

ということで方向音痴の私は、昨日その新人女性に引率されて、彼女と一緒に豊洲から有楽町まで歩いて帰りました。
最終的に東京駅まで歩いたので、所要時間は計1時間半でした。
一緒に話しながら帰って気が紛れたせいか、昨日は腰痛は思ったほど出てきませんでした。
なので1時間半のウォーキングで、うっすらかいた汗の気持ちよかったこと...。

そして着いた場所はお土産がてんこ盛りで売られている東京駅...。
気づいたら両手にさまざまな食べ物が...。


昨日お話しながら引率してもらったら、後半行程をうろ覚えで(一本道だけど)いまひとつ不安だったので、今日は一人で道をたどってみました。

そうしたら昨日は出なかった腰痛に見舞われ、途中で休み休み行くことに。
結果有楽町まで1時間半かかってしまったけど、腰痛の痛みのほかにも、ぽかぽかと温まった身体とうっすらの汗と、気持ちいい程度のふくらはぎのだるさ...。

あー。やっぱり身体を動かすって気持ちいいんだなぁ。

このまま歩くことを続けたら、私も痩せられるかもしれない!

...と思ってはみたものの。


ああ....
なぜ身体を動かした後のご飯は、こんなにもおいしいのだろう?

ぶっちゃけ昨日今日とご飯がおいしくて、夕食の量が倍増。


もしかして、逆効果??(@0@)

痩せるどころか太ってしまいそうなんです...。うう。
posted by チェブラー at 10:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

迷ってる

ディーゼルのかっちょいい時計がほしい...
でもどれも良くてひとつに絞れず困っている。

これは白くてカワイイ♪







■【DIESELディーゼル】ユニセックス腕時計DZ5037 ■【DIESELディーゼル】ユニセックス腕時計DZ5037


ああ。。。これもオシャレ。。。






■【DIESELディーゼル】レディース腕時計DZ5051■【DIESELディーゼル】レディース腕時計DZ5051


posted by チェブラー at 22:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京散策

もうなが〜〜いこと東京に住んでいるけど、
住むとなかなか観光はしないもの。
元来の「おうち大好き人間」が災いして、用事のある場所以外にはすっかり行かない生活に慣れきっていました。

昨日はラフォーレ原宿で昼・夜と「がばい芸人ライブ」があったため、珍しくお昼から外出し、2年ぶりくらいに原宿へ。

いや〜驚いた!
久しぶりの原宿は、さらに人の数が増え、ラフォーレの目の前に出られる「明治神宮前」駅の出口から目の前のラフォーレの入り口にたどり着くまでにも、人混みで1分ほどかかってしまいました。
スムーズにいけば10秒くらいでたどり着く距離なのに...。

いやはや、恐ろしいです原宿。
私の後ろを歩く二人組から聞こえました。「渋谷より混んでない?!」
私も同感です。
確実に渋谷より混んでました。

そしてお昼のライブを楽しみ、終わったのが夕方4時。
夜の「がばい芸人ライブ」は7時開演なので、3時間も空きがあります。

どこかでお茶しながら本を読もうかと思ったのですが、この人混みでは空いている店を探すだけで3時間たってしまいそう。
かといってウロウロしては絶対にいろんなものを買ってしまう。
...ということで明治神宮前駅に戻り、近場で静かに過ごせそうな代々木上原駅に行きました。


そして代々木上原。
もしかしたらこの駅で降りたのは、生まれて初めてかも。
渋谷〜原宿近辺だからオシャレなカフェでもある住宅街なのかな?と想像していたのですが、実際のところなーーーんもありませんでした。
駅の周辺は坂道だらけで、小さいお店が点在しています。
レストランは軒並み昼休み中。
空いてるのはスーパーくらい。
駅ビルの中に唯一存在してたファーストフードはどこも満席。
どうやら思った以上に地域に密着した駅だったようです。

せっかく来たので駅周辺を散策。
家ばかりでしたが、久しぶりに知らない街を歩き、旅行者気分を味わいました。
旅に出て知らない街を歩いている時って、なーんにもなくてもなんか楽しいんだよなぁー。
そういう気分を思い出しました。


足が疲れてきたので(お茶するところもなく)代々木上原を出ました。
ふと錦糸町でレッチリのチケットを払い戻しする用があったことを思い出し、表参道で半蔵門線に乗り換えて錦糸町へ。

錦糸町は代々木上原とはうってかわって大きな街。
生活感の薄い原宿と比べ、地域に密着した大きな街。
私の住む吉祥寺を近代化したような感じです。
もちろん昔からある歌舞伎町的エリアも残っているので、クリーンな雰囲気ばかりではないですが...でもそういうエリアは吉祥寺にもあるし、同じようなものです。

チケットの払い戻しをするコンビニの場所を忘れてしまい、駅の出口両側をウロウロ...。
お店だらけの場所を歩くのも、それはそれで楽しいもの。
原宿ほどの人はいないから歩くのには困らないし、無事コンビニで払い戻しが終わった後もしばらく散策しました。
そして少しお茶して休んでから再び原宿へ。


夜のライブは長く、終わったのは9時40分でした。
薄着で一日歩き回ったため、夜には寒気がして喉痛が...。
やばいです!
なのでライブが終わったらソッコー帰りました。
...が運悪く吉祥寺に着いたら雨でした。

お天気に始まり、ライブ〜散策を楽しんで帰ったら雨で終わる。
そんな充実したお休みは久しぶりでした。

やっぱり家でゴロゴロ休日を過ごしていてはダメですね。
(といいつつ今日はゴロゴロしています)
posted by チェブラー at 17:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。