2009年06月06日

胎児の日記??

今朝こんなニュースを見て、驚いてしまった。

「胎児がブログ更新するという嘘みたいな研究」
http://rocketnews24.com/?p=4086


こんなタイトルを見つけたら、読まないわけにはいかないな。

主な仕組みは、ベルトに組み込まれているセンサーが、胎児の一挙一動をとらえて、電子パルス信号に変えるというものだ。こうしてキャッチした胎児のすべての動作信号をコンピュータに送り、自動的に言葉に翻訳されるようになっている。母体の腹部を蹴った周波数を通して、胎児が自分でインターネットを利用して日記を更新というが、厳密には胎児の動きに反応したコンピュータが勝手に言語に変えてブログを更新するというものである。

つまりPostPetが送るメールみたいなもの?
とすればさぞかしメチャクチャでシュールな内容の日記になるのだろうなー、と思ったら。

胎児ブロガーの日記の内容は、「12月17日、私は午前に9:15 母を蹴りました。」「12月17日、私は昼ごろに11:38また母を蹴りました」というシンプルなもの。当然ながら赤ちゃんの意思は反映されないので、腹を蹴ったという事実だけが淡々と記されるだけである。

むむむ。。。
となるとこんなブログが多数公開されるようになったあかつきには、
世界中の言語で淡々と「私は母を蹴りました」という一文が続くだけの世界が繰り広げられるわけね。
それはそれで確かにシュールだ。

でもこういうのって研究する方は大真面目だよね。
しかも「胎児の状態を知る」という意味で、将来役立ちそうな面もある。

たとえば、胎児の発育を監視して抑制し、胎児が突然活動を停止したら、すぐに母親に警告することができる。

研究が進んで、将来的にお腹の赤ちゃんから「今体調が悪いです。病院に行ってください」というようなメールが届いたら、それによって助かるケースも出てくるかもしれない。
でも心配なのはやっぱり、母体と胎児への影響だ。
記事でもその点を心配している。
あと研究をどうやって実行しているかも、とても気になる。
最初は擬似的なものでも、研究が進めば臨床実験が必要になるだろうし...その場合の安全性はどうなるの??
疑問だらけだ。

あー気になる。
「中国の某サイト」がネタ元とあるけど、探してみようか...。
中国語だったら読めないけど。

posted by チェブラー at 09:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。