2009年02月09日

さようなら大切な写真。

デジカメや携帯で写真や動画を撮るのは大好きなのだが、撮った後整理したためしがない。
いつもカードがいっぱいになったらPCに移動して、そのまんま。

時々PCのHDがクラッシュすることを思い出し、ほかのPCにもコピーしたりしているので、複数のPCのいろんなフォルダに同じ写真が点在するようになってしまった。
似たような写真も多いので、何がなんだかよくわからない状態に。

これでは撮る意味がない!と思い直し、昨日PCの中の写真の整理をした。
ファイルの作成日からどこで撮った写真かを思い出し、日付ごとにフォルダを作って整理へ。
同じところで撮った写真が複数のフォルダにあった時は、重複しているものも多いので上書き移動で整理。

。。。っと、これが良くなかった!

同じ写真が複数のフォルダに存在していても、元は同じデジカメのカードからコピーされたものだから、ファイル名は一律だろうと思い込んでいたのだ。
一枚一枚上書きされる写真を確認してから実行すればよかったのだが、何せ枚数が数百枚くらいあったもので、つい面倒で「すべて上書き」ボタンをポチっと押してしまった。
こういうところがトホホな私なのだが、いつもやってしまってからでないと気づかない...。

「すべて上書き」でフォルダの整理を終えた後で各フォルダ内容を確認していたら、2年ほど前に両親を温泉に連れて行った時の写真だけやけに少ない...。
気づくと、「すべて上書き」前に存在していた、列車の中で撮った写真がすべて無くなっていた。

がああああん

びっくりしてももう遅い。
何が起こったかよくわからないのだが、「すべて上書き」のタイミングであったはずのものがなくなってしまったことは間違いない。
消えてしまった写真は箱根に着くまでに撮った十数枚程度でほかは残っていたのだが、列車の中での写真は両親がとてもいい顔をして写っていたので、無くなったのはかなりショックだ。

「そうだ、こんな時こそファイル復活ソフトだ!」

...と思い立っていろいろ調べたり試したりしてみたのだが。

知らなかった。
「上書き」してしまった場合は、元ファイルって復活できないのだね。
あくまで「削除」したファイルしか復活できない。
詳しいしくみは知らないが、普通HD上のファイルは「削除」すると(削除フラグが立つとかして?)ファイルシステム上からは見えなくなるが、データそのものはHDの中に残っている。それらはツールを使ってHDから完全に削除しない限り、いつでも復活可能だ。
だからHDを処分する時は十分注意しましょう、といろんなところに書いてある。

でも「上書き」の場合は通常のファイル削除とは違うのだね。
詳しいしくみは知らないが。
元ファイルはそのままHD上に残っているというわけではないようだ。
ファイル復活ソフトを使用してみると、操作したフォルダ名とファイル名はリストに出てくるのだが、「復活」としてもエラーとなって復活できなかった。あるいは特にエラーは出なくても、いざファイルを開くとデータが破損していて見られなかった。
結局いろいろ試したが復活できず。

「めんどうだからエイッ!」
とろくに確認もせずポチッと押してしまったがばかりに、もう二度と同じ時は帰らない日の両親の素敵な笑顔をフイに...。
ああ....。
悔やんでももう遅い。
そしてきっとまた、懲りずに同じことをやってしまいそうな気がする。

そんでもってきっとまた、DVDにも焼かずに放置してしまうんだろうなあー。

posted by チェブラー at 22:10| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。