2008年05月28日

コマ劇場今年で閉館!

といってもまだ私、入ったこともないんですが...

しかし昔はよくコマ周辺の映画館で映画を観たし、
同じ建物内のシアターアプルは何度も行きました。
近所のロフトプラスワンにもよく行くので、歌舞伎町自体には特に思い入れはないけれど、コマ周辺の場所には何か馴染みがあるのです。

夜の歌舞伎町では時々ちょっと怖そうな場面に遭遇したりもするけれど、
早足で歩いてコマのあたりに到着すると、ちょっとほっとしたりするんですよね。
だってコマの前には、北島三郎を観に来たおじさんおばさんがたくさんいるからね。
(でもそのおじさんおばさんたちには、夜の歌舞伎町はちと危険だったろうか?)

閉館の理由は「業績不振」だそう。
お芝居&ショー形式を楽しみたい演歌ファンが少なくなったのだろうか。
ああいうのは固定ファンがついているものだと思っていたけど。
でも演歌のCDって昔より売れていないだろうからなぁ...。

いや、ジェロがいるじゃん!
今なら「ジェロ座長公演」やったらお客さん入るんだろうに。
もう累積赤字がすごいだろうから、今更何やってもしょうがないんだろうけど...。

さみしいけど、これでまた歌舞伎町ど真ん中の風景が変わるのね。
再来年には全く別の、綺麗なビルが建っていることでしょう。
posted by チェブラー at 23:02| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のSPAMタイトル


『送料無料!...買うことを歓迎する!』



だって(笑)。

直訳?

(^^)
posted by チェブラー at 20:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

5万円台モバイルPC!

ノートPCは常に「完全モバイルPC指向」の私。
たとえ実際に持ち歩くことは少なくても、ノートPCを選ぶにあたっては常に、
●バッテリー稼働時間
●本体重量
●AC電源重量
●デザイン、色
...については最重要事項としてメチャメチャ気にします。

しかし普段使いとしては動画を見たり焼いたりすることが多いため、それなりのスペック要件も満たしたPCである必要があります。

なので昨今大流行の「5万円モバイルPC」(ASUSとか工人舎とかの)は購買欲はわかず、自分の中ではある程度「富士通MGシリーズかPanasonic Let's Noteあたり」をいつか買おうとずっと思っていました。
今使っているSharpのノートPCも1.5kgでとてもいいのですが、そろそろ動画を扱うにはCPUパワーが弱くて...しんどくなってきました。
(おまけに最初の故障が電源プラグ部分の弱さが原因だったというのがどうも...モバイルPCとしてこの強度は致命的ではないかと...)

しかぁ〜し!!

今まで正直、
全く興味のなかった、
すいません、
HP社がやってくれました!

5万円台&7万円台の、
「比較的高スペック寄りのモバイルPC」
を出してくれちゃったそうで。

こりゃあーもしかしてもしかすると、
大昔話題だけになって結局普及しなかった、
「500ドルPC」
ってやつが(当時はデスクトップだったけど)、
今度こそ普及するのかも??

病床についたためにとてもノートPCを買うことなどできなくなった私には、到底手の届かない値段のモバイルノートへの熱はおさまりましたが、ちょっと頑張れば買えそうな5万円PCには、俄然購買欲がわいてしまいます☆

まぁ、結局のところ、
今はPCなんてどっちにしても買える余裕はないのですが、
とりあえずHPのサイトでよーーく仕様確認してみたいです♪♪

ワクワク♪♪
posted by チェブラー at 00:49| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

人ごとでなく。

『元TBSアナの川田亜子さん自殺』。

今朝ヤフーニュースでタイトルを見たとき、きょとんとしてしまった。

「川田亜子?
川田亜子って...たしかあの、以前GORO's Barで見た、モデルみたいなスタイルの美人アナウンサーだよなぁ...。いや違うか。あのアナウンサーは番組でも自分の美しさを鼻にかけてる上から発言で、共演者の女芸人をバカにしていたもんなぁ...。」

と思いつつ記事の写真を見ると、やはりその人であった。


記事を読むと、報道関係の仕事をしたくて昨年フリーとなり、その後2本のレギュラー番組出演をしつつイベント司会などをやっていたとのこと。
それでは順調のようにも思えるが、最近のブログでは体調が悪く悩みがちで、かなり沈んでいたそうだ。
一週間程前の別な記事では、「ブログを見ると川田亜子が心配だ」というようなものもあった。
14日にブログを突然とりやめたそうで、悩みを書いた日記部分もすべて削除してしまっていたらしい。
そしてブログ停止から2週間足らずで、自らの命を絶ってしまった。


傍目から見てどんなに美しく完璧な人生を歩んでいるように見える人でも、その人にしかわからない悩みというものはあるのかもしれない。
GORO's Barで見せていた「上から目線のヤな女」キャラも、
実際のところは台本通りに演じていただけで、本人の意思は何一つ入っていなかったのかも。
TV番組なんてウソばかりだとはわかっていても、やはり「イメージ」というものは知らず知らずのうちに出来上がってしまうものだ。
そういう「ついてしまったイメージ」と本当の自分との間のギャップで苦しんでいたとしたら...。


しかし、これは私にとっては決して人ごとではない。
体調を崩してばかりで、今またしばらくの間寝たきりのような生活を送っている私にとっては。

体調のせいとばかりは言えないが、
毎日ふと、まともな社会生活を送れない自分への自己嫌悪に苛まれ、
「私など生きている意味がない」と感じる瞬間はある。
ただ自分には自殺するような勇気(かどうかはわからないけど)がないだけだ。

そして落ち込んだ次の瞬間、「いやまだ終わったと思うのは早い」と気持ちが盛り上がったりする。
たぶん、だから私が自殺するってことはないと思う。

自分が心も体も繊細なタイプだということはよーくわかっているし、
わかっていてもどうにもできないが、
少なくとも自ら人生を終わらせるということだけはしないであろう。


せっかくの美しい容姿とチャンスに恵まれながら、自殺してしまった川田亜子さん。
それが間違っていたのかどうかは、私にはわからない。
でも、まだ何かできたかも。
できることがあったかも。
人ごとでなく、そう思う。
posted by チェブラー at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

広川太一郎さんが!!!

お亡くなりに...
(;0;)


これで二度とあの軽妙な吹き替えの新作はなくなってしまったのね。

モンティ・パイソンが解散しておいてくれていてよかったのかも。
他の人の声で吹き替えて欲しくないもの。
(できないだろうし)

広川さんのトニー・カーチスも大好きだったなぁ。


広川さんの後を継げるような声優さんっているのだろうか?
単に声を吹き替えるということではなく、独自のキャラクターを作り出してしまえるような人は?
最近のコメディ・ショウのリトル・ブリテンとかエキストラとかの吹き替えはどうなんだろう。

声優さんが個性を出しすぎるのは元の俳優さんにとっては嬉しいことではないだろうけど...広川さんレベルまで行けば特別だ。
吹き替えのアーティストとも言うべき。
彼の後を継げるような人材が現れますように。

posted by チェブラー at 21:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。